十勝キャリアデザインネットワーク(CDN)とは、北海道十勝において、キャリア形成や起業をめざす女性たちのためのネットワークです。

すずきっちん代表:鈴木由加さん

11825152_781275815323224_8986857496304888022_n農家の嫁の一念発起。
全ては「なんで私、畑の仕事をしてるんだろう」から始まった。

すずきっちん 代表 鈴木由加さん

安心手づくりのおかずを食卓にお届けします!がモットーの芽室町「すずきっちん」代表、鈴木由加さんのマイ・ストーリー。

なんで私、畑の仕事をしてるんだろう

「なんで私、畑の仕事をしてるんだろう」
21歳で農家の長男と結婚して数年たったころ、沸き上がった疑問がコレです。
「カズオさん(義父)ちのお嫁さん」と呼ばれ、若かったこともあり、言われるままに子育てと農作業をしている中でふと我に返った瞬間でした。

畑の仕事は大体覚えたし、体力も根性もあったので、体が辛いわけではなかった。
「働き手」としては優秀だったと思うけど、経営に関すること、例えばお金の流れなんかが全くわからない、しかも誰からも教えてもらえないという立場に気が付いてしまったのです。
跡継ぎの男の子を、と周りから望まれたけれど、持病のため一人娘が決定している、という微妙な気持ちもありました。

改めて、自分の仕事について、将来について、生活について、これでいいのか?と疑問に思ったとき、町主催の女性向け農業セミナーに参加したのが「すずきっちん」を立ち上げるきっかけになりました。

楽しかった、ありがとうって言いなさい

農業セミナーの後、東京で行われた農水省主催の「農業経営・労働管理専門家養成講座」に参加することになりました。「普通の農家の嫁」である私を3泊4日の研修に参加させるために、役場職員と普及員が家まで来て、家族を説得してくれて、初めて一人で東京に行くことになったんです。

私が参加した労務管理のコースには、全国から農業女性18人が集まりました。その中で最年少だった私は、講座の内容はもちろんですが、受講生のお姉さま方から色々なことをたくさん勉強させていただきました(笑)。
その中で一番印象に残っているエピソードを。
帰る日の朝、ホテルで同室だったお姉さまから「ねぇ、何て言って家に帰るの?」と聞かれたんです。
「4日間、留守にしてごめんね、って言う」と答えた私に「何か悪いことしたの?ここに参加してどう思ったの?」と続けて聞かれて「…何も悪いことしてない。すっごく楽しかった」と答えました。
そうしたら「ごめんなさいじゃなくて、“楽しかった、気持ちよく出してくれてありがとう”って言いなさい。どれだけ楽しかったか、話して聞かせてあげなさい」って言われたんです。

それはあんたの言いわけでしょ、で火が付く

家に帰った私は、お姉さまの教えどおり、楽しかったことをもの凄い勢いで話しまくり、ずっと笑ってました。そうなると不思議なもので、聞いている方も楽しくなるんですね。そのうち、全国の受講生仲間からどんどんと「貢ぎ物」が届くんです。お茶、みかん、野菜…。楽しそうに話す私と全国からの贈り物に、私を見る家族の目がだんだん変わってきたんです。
次の年、静岡で同窓会を開いたんですね。その時も快く出してくれましたよ(笑)。

同窓会で、母と同年代の先輩女性に、畑の規模や収入を聞かれたんです。
「面積は?売り上げは?」には答えられましたが、そのあと聞かれた
「利益率は?」には恥ずかしくて答えることができませんでした。
当時は人に言えるような利益なんて、なかったんです。

彼女は続けて「言えないくらいの利益率なんて、何のために働いてるの?」とたたみかけます。
「いやぁ、だって、冬は遊んでるしぃ…」と言葉を濁した私に
「それはあんたの言いわけでしょ」とビシっと。

その言葉を聞いて、私の中の「何か」に火が付きました。
フツフツと色んなことを考え、実行に移していくきっかけになったんです。
あの言葉がなかったら、今も冬は遊んでたと思います。

嫁のために1千万の借金をしてくれた夫

当時、JAめむろが加工室を農協女性部に無料で貸してくれてたんです。
そこで五目御飯の具とかミートソースとかを作って人にあげたり送ったりしては喜ばれていました。同時期に名古屋の知り合いから、いももちを売ってくれと言われたりも。
こういうのが喜ばれる、売れるんだということがわかって、あちこちの加工場を借りては作ったりしていたんですが、このままじゃ続かないと思うようになりました。

そんな中、なんと夫が借金して加工場を建ててくれたんです!
今から15,6年前ですよ。そのとき、農家の嫁のために1千万の借金をしてくれた夫に恵まれた私は、本当に幸せだと思います。更に言うと、夫より先に義父母が「うん、やりな」って言ってくれたんです。ホント幸せ(笑)。

自己資金なし、全額借金で建てた加工場ですが、予定より1年繰上げて9年目で全額返済して今に至ります。ありがたいことに売り上げも順調に伸び、冬の間に味噌を作ったりする余裕も出てきました。

今、すごく楽しい!

「出る杭は打たれる、出過ぎる杭は抜かれる」とよく言われますが、友達に言われた「抜かれないよう足を踏ん張れ、ビス釘(ネジを切った釘で締め付けて使う)になれ」と言う言葉を支えに、頑張ってきました。

縁があってCDNに入り、今は会長もさせていただいてますが、CDNに入ったことで「農家以外の仲間ができた」というのがすごく楽しい。
だから今、本当に幸せです。もう一回。すごく楽しい!
ありがとうございました!

すずきっちんDATA

住所:〒082-0001 北海道河西郡芽室町平和西14-13
電話:0155-62-3918
FAX:0155-62-6619
Web:http://www.suzukitchen.net/
メニュー:ミートソース、五目の具、行者ニンニク入り餃子、炊込みご飯の素、焙煎黒豆、切り干し大根、煮物セット、ささがきごぼう、かぼちゃだんご、いもだんごなど

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 十勝キャリアデザインネットワーク All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.